「はじめての方へ」のメイン画像

お気に入りのウェアで
レッスンを楽しみましょう!

  1. ホーム
  2. はじめての方へ/バレエウェアのこと

ウェアを揃えるとヤル気も盛り上がってきます!
大人からのバレエは"形から入る"でOKなのです。

バレエのレッスンウェアというと、レオタードやタイツなどを思い浮かべますが、最初は動きやすいウェアでもOKです。でも、お気に入りのウェアを着ると、それだけで気分が明るくなりやる気も沸いてくるものです。最初に一通り揃えて、気分を盛り上げてレッスンにのぞむのも大人からのバレエならではの楽しみ方と言えるでしょう。
いざバレエ用品店にいくと、たくさんのウェアがあり過ぎて何を買ってよいのか迷ってしまうなんてことも…そのような時は無理に揃えなくてもよいでしょう。レッスンを受けるうちにどんなモノが必要なのか分かってくるでしょうし、生徒さん同士で情報交換をしながら欲しいモノが出てくるので、少しずつ買い揃えても遅くはありません。

身体のラインが見えるウェアを身に付けましょう!
レッスンは自分自身と向き合う時間でもあるのです。

クラスでは、鏡で自分の姿を見て「先生の言われたようにできているか」「自分が思い描いたように動けているか」などを確認しながらレッスンをします。先生も生徒さんの姿勢や筋肉の動きなどを見ながらアドバイスをします。なので、体のラインがちゃんと見えるようなウェアが望ましいです。でも、はじめはレオタードやタイツを着ると、あまりに体のラインが露になり過ぎて抵抗があるかもしれません。そんな方はニットのパンツを重ねたり、スカートを巻いたりなどラインを覆うようなアイテムを足してみてはいかがでしょうか。いくら動きやすいウェアでもよいとはいえ、体のラインを隠してしまうようなダボッとしたウェアは不向きです。

アイテム豊富なウェア
自分らしさを演出してみましょう!

バレエ用品店に行くと、女性のウェアの品揃えは豊富ですよね。色、柄、素材、形など色んなバリエーションがあります。アイテムの組み合わせしだいでガーリーにも、フェミニンにも、スポーティーにもアレンジできて、色々な装いを楽しむことができそうです。普段のファッションと同じように、自分らしさを演出しながらバレエファッションも楽しんでみましょう。

メンズウェアは売場の片隅にちょこっとあるくらい。色も白と黒ばかり…あってもブルーくらい、と既製品ではあまり選択肢がありません。気に入るモノが見つからなかったら思い切って店員の方に尋ねてみましょう。タイツでも色、素材、足先のカットなど選んでお気に入りのモノを注文することができます。やはり男性だってお気に入りのウェアでレッスンを受けた方が楽しいですよね!

わたしのはじめてのタイツの色は…

わたしとバレエの出会いは大学1年の時、部活動の基礎練習でバレエの手ほどきを受けたのが最初でした。レッスンでは脚のラインが見えるタイツをはくようにと、先輩が発表会用に作ったタイツを貸してくれたのがはじめてのタイツでした。そのタイツの色は、なんと金色!18才だったわたしは、タイツだけでも恥ずかしかったのに金色のタイツには本当に顔から火が出る思いでした。

バレエウェアについて困ったらコチラをクリック!>> 
(クリックすると問い合わせフォームが別ウィンドウで開きます)

関連のページもご覧ください。

WEBからのお問い合わせ

ご質問、ご入会・見学・体験のお申し込みはコチラから。クリックすると問い合わせフォームが別ウィンドウで開きます。

▲ ページの先頭へ戻る