「バレエシューズの選び方」のメイン画像

お気に入りの一足が見つかる
バレエシューズの選び方

レッスンを受けるにあたってまず用意をしなくてはならないのがバレエシューズです。最初に買うバレエ用品ですので「どこで売っているのか?」「どんなシューズを買えばいいのか?」「どこのメーカーのシューズがいいのか?」など分からないことが色々とあると思います。このページでは購入の時に気をつけることや、選ぶ時のポイントなどについて説明いたします。ぜひ参考にしていただきたいと思います。

  1. ホーム
  2. はじめての方へ/バレエシューズの選び方

バレエシューズのいろいろ

一言にバレエシューズと言っても、素材やソールの形やデザインなど色々なタイプのシューズがあります。そして、それぞれに自分に合ったシューズ選びをするためのポイントがあるのです。どのようなタイプのシューズがあるのか見てみましょう。

[素材]

布製、皮製、布製で爪先部分だけ皮が貼ってある前皮の3タイプが一般的でよく見かけます。中にはサテン素材のシューズもありますが、サテン素材は舞台で照明に当たった時に綺麗に見せるためのものなのでレッスン用というよりは舞台用でしょうか。
基本的には気に入ったシューズを選んでいただいたらいいと思いますが、布製のシューズが安価でおすすめです。でも、どうしても素材選びで迷った時には、スタジオの床素材との相性も考慮するといいでしょう。木の床では、布製シューズは傷みやすく穴があいたり消耗が早くなるので、皮製か前皮のシューズもいいかもしれません。床にリノリウムを敷いてある場合、布のシューズがおすすめです。皮のシューズだと摩擦でひっかかるような感覚があり踊りにくいかもしれません。

[ソール]

バレエシューズのソールのタイプ

シューズの底には皮が縫い付けられています。その皮が1枚で全面を覆っているフルソールと爪先部分とかかと部分とに皮が前後で2枚に分かれているスプリットソールとがあります。フルソールのシューズはソール部分が広いので履いて立った時に安定感があります。スプリットソールはフィット感があり、土踏まずの部分に皮が貼っていないので足裏のアーチをきれいに見せてくれます。一般的には、フルソールのシューズは身体をしっかりと支えてくれるので、身体を支える筋肉が鍛えられていない初心者におすすめと言われています。個人的な見解ですが、これは筋肉が未発達の子供の場合に言われていることで、身体のある程度でき上がった大人の方に対しては必ずしも当たらないように思います。

[履き口のタイプ]

バレエシューズのタイプ

履き口の部分にゴムが入っているモノ、サイズ調整用の引き紐がついているモノがあります。引き紐にもコットン紐やゴム紐と種類があります。
また、履き口にゴムがついているシューズとついていないシューズとがあります。さらにゴムも1本のタイプと2本のタイプとがあります。2本のタイプはクロスして足を留めるようになっていますが、購入時はそれぞれのゴムの片側しか縫い付けられていないので、履きながら自分に合う位置に縫って止めます。左右で4カ所縫って止めなくてはならないので、裁縫の苦手な方には結構手間かもしれません。私は面倒くさくてゴムを切ってしまっています…。

[デザイン]

バレエシューズのデザイン

バレエシューズの足先を入れる部分をボックスと呼び、さらにボックスの天井部分をヴァンプと呼びます。そのヴァンプの部分が長いシューズと短いシューズがあります。ヴァンプの短いシューズは甲のラインをきれいに見せてくれるので、足の甲が低い人はヴァンプの短いシューズがおすすめです。ヴァンプの長いシューズはシューズの布(皮)部分が多く見えるので、足の小さい人が履くと相対的に足が大きく見えバランスが整うかもしれません。
また履き口の開き方がV字やU字だったりというシューズもあります。履いてみて自分の足に合いきれいに見せてくれるシューズをお好みで選んでみましょう。

[カラーバリエーション(色)]

白、黒、ピンク、ベージュ系などのシューズが一般的によくお店に並んでいます。タイツの色とシューズの色を合わせると脚が長く見える効果があります。ウェアの色に合わせて何足か買っておいてもいいかもしれませんね。

[メーカー]

バレエ用品といえば日本ではチャコットが有名ですね。店舗数も多くチャコットのシューズは手に入れやすいです。国内メーカーではシルビアやバレリーナなどもよく知られています。海外ブランドでは、Capezio(カペジオ/U.S.A)、Grishko(グリシコ/ロシア)、Sansha(サンシャ/中国)などがよく知られていて取扱店も多く手に入れやすいブランドです。

自分にあったバレエシューズ選びが上達への第一歩!

バレエシューズはふだん履いている靴とはだいぶ様子が違います。購入のときには、必ず試し履きをして自分に合ったシューズを選ぶようにしましょう。ふだん履いている靴では、「履き慣らす」と言われるように履いているうちに足になじんでくることを想定しますが、バレエシューズは履き慣らすのではなく最初から足になじむモノを選ぶようにしましょう。足に合っていないシューズを無理して履いていると、足をかばって無意識に動きにクセがついてしまいます。自分に合ったシューズ選びが上達への第一歩と言っても過言ではないのです。

試し履きでチェックすること(1)〜大きさ〜

試し履きでは、バレエシューズを履いたら立ってみましょう。立つと足に体重がかかり足幅が広がります。その状態でバレエシューズがフィットするかどうかをチェックします。
大きさを確認するポイントは、バレエシューズを履いたときにシューズの中で5本の指がちゃんと伸ばせているか、左右にも少し広げられるかの2点です。爪先で立つと足の指は広がり指と指の間に隙間ができるので、幅に多少余裕があるモノを選ぶようにしましょう。シューズを履いてみて、シューズの上から指の形が出ていないか、または、指先部分につまめるくらいの余りが出ていないかよくチェックしましょう。

試し履きでチェックすること(2)〜自分に似合っているか〜

バレエシューズを履いて、自分の足に似合っているかもチェックのポイントです。鏡に映しながら、爪先を伸ばした時の足の甲や土踏まずのアーチのラインがきれいに見えるか、爪先がきれいに伸びて見えるかなどを確認します。自分に似合うシューズ選びをするには自分の足のことをよく知っていなくてはなりません。レッスンをしながら、自分の足が大きく見えるのかそうでないのか、足の甲や土踏まずのアーチの高低など自分の足の特徴を把握し、自分の足をどのように見せたいのかを思い描けるようになるといいでしょう。

サイズとワイズ

[足のタイプ]

足のタイプ

足先のタイプには大きく3つのタイプがあると言われています。タイプによりシューズやサイズの選び方が変わってきます。それぞれどのような特徴があるのか見てみましょう。

  • エジプト型…日本人に一番多いと言われているタイプで、親指の先端が一番出ているのが特徴です。
  • ギリシャ型…エジプト型の次に日本人に多いと言われているタイプで、人差し指の先端が一番出ているのが特徴です。
  • スクエア型…指先の先端がほぼ平らに揃っているのが特徴です。

さて、みなさんはどのタイプだったでしょう?私はギリシャ型でした。

[サイズ(足長)]

バレエシューズを選ぶとき、ほとんどの方がふだん履いている靴より大きめのサイズを選ぶことになると思います。これはふだんの靴とバレエシューズとの作りの違いによるものなのです。ふだん履いている靴には捨て寸というのがあり実際のサイズより大きく作られています。それに対し、バレエシューズは実寸で作られています。私の場合、普段は26.5cmの靴を履いていますが、実際に足長を測ってみると27.5cmあり、バレエシューズでは27.5cmのサイズを履いています。ふだん履いている靴のサイズ=自分の足のサイズと思っている人が多いと思いますが実際は違うのです。バレエシューズを買いに出かける前に自分で測ってみるのもいいかもしれません。
また、バレエシューズは左右対称で爪先が丸く作られています。人差し指が一番長いギリシャ型の足の人は自分の足の実寸に近いサイズのシューズでフィットしやすいです。しかし、親指が一番長いエジプト型の足の方は、自分の足の実寸と同サイズのシューズでは親指部分が当たってしまうので、大きめのサイズの方がフィットするかもしれません。

[ワイズ(足幅)]

バレエシューズ選びではサイズだけでなくワイズも大切なポイントです。ワイズというというと幅ということになりますが、幅だけでなく高さも含めた足囲でワイズを選びます。足囲は親指の付け根と小指の付け根を通ってメジャーでグルッと一周させて測ります。足幅は普通でも足の甲が高い人は足囲が大きくなるので広いワイズのシューズがフィットします。私は、足幅は普通なのですが、甲が高く足囲が大きいので幅広のバレエシューズを履いています。

バレエシューズの選び方に関するご質問はコチラをクリック!>> 
(クリックすると問い合わせフォームが別ウィンドウで開きます)

関連のページもご覧ください。

WEBからのお問い合わせ

ご質問、ご入会・見学・体験のお申し込みはコチラから。クリックすると問い合わせフォームが別ウィンドウで開きます。

▲ ページの先頭へ戻る